Mountain Mocha KIlimanjaro vs fox capture plan

新年明けましておめでとうございます!
2015年もMountain Mocha Kilimanjaroはガンガン精力的に活動していきます!
徐々に今年の活動を発表していきたいと思いますが、まずは明後日。

新年一発目のライブから贅沢な2マンやります!
盟友fox capture planとの白熱の2マンです。盛り上がること間違いなし、ぜひこの対決をお見逃しなく!!


◆2015年1月16日(金)
『PLAY VOL.16』@渋谷La mama

◆出演
MOUNTAIN MOCHA KILIMANJARO
fox capture plan

◆OPEN/START 19:30/20:00
◆ADV/DOOR ¥3300+D/¥3800+D
※チケット発売日:11/25(火)

◆チケット購入ページ(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002143198P0030001

ローソンチケット(L-73225)
http://l-tike.com/

※バンド側での取り置きも可能です。
※取り扱い及び入場順:出演者手売り→ローソンチケット(L-73225)→e+(購入ページ)→バンド取り置き

◆お問い合わせ
渋谷La mama
http://lamama.net/



あ、そうそう。
現在発売中のWax Poetics Japan 37号、スライ&ザ・ファミリー・ストーン特集にメンバーそれぞれお気に入りの1曲をレビューさせていただいてます。
僕ら以外にもピーナッツ・バター・ウルフ氏、イーゴン氏、カット・ケミスト氏、カルロス・ニーニョ氏、中田さん(オーサカ=モノレール)、DJ JINさん、mabanuaくん、と豪華なメンバーがレビューしてますよ。
ぜひ書店でチェックしてくださいね。
http://www.waxpoetics.jp/magazine/wax-poetics-japan-no-37/

ボブ

コメント
コメントする




   


マウンテン・モカ・キリマンジャロ:疾走するインストゥルメンタル・バンド。時代のマナーとカルチャーへの敬意を貫きながらも、既成に一切執着しない超攻撃型6ピース。国内外のクラブシーンから野外フェスまで、あらゆる客席をダンスフロアに変えるヘヴィ・ファンク・フォース。ソウル・ミュージックのマナーを基調とした大胆かつ緻密な楽曲アプローチは、まさに黒人音楽を全年代的に貫くファンクを体現しており、インスト・ファンクの新たなディレクションとなっている。このブログはモカキリのメンバーとスタッフが、時にはガシガシ、時にはのんびり書いています。時にはリレー形式を取り入れたり、時には書きたい人が書いたりします。twitterやfacebookも同じような感じでやっているのでチェックしてみてね。あと、waxpoetics japanのサイトでも「今日の1曲」リレーブログをやっているよ!

⇒公式ウェブサイト
⇒公式facebookページ
⇒公式twitterアカウント
⇒Waxpoetics Japanブログ

RECENT ENTRIES

CALENDER

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

ARCHIVE

COMMENTS

SEARCH