あと2日!!

『壱弐参四伍録』リリース・ツアーFinal@渋谷クアトロまであと2日になりました。
2014年をまるまるかけてたくさんの場所を回ってきたこのツアーもあと1公演。
本当にたくさんの方々にお世話になりました。各地ご来場いただいたみなさまもありがとうございました。


ツアー初日の静岡。韻シストとの2マンは熱かった。またやりたいっす2マン。
ありがとうございました!


2日目の元住吉。キレッキレでした、キレッキレ過ぎモミーFUNK!。モミーサイクリングッッッ。
ありがとうございました!


3日目の横浜。オシャレなモーションブルーを汗でだっくだくにしました。
ありがとうございました!


4日目の弘前、初上陸。弘前ピーポーの盛り上がりはハンパじゃない。イベンター/DJのKAZMAさん、D.I.Kさんと。
ありがとうございました!


5日目の盛岡。DJ NEGAMIさん、ABEさんと。もう見慣れた、でもツアーにはなくてはならない光景。もしかしたら二人に会いに行ってるのかもしれない。
ありがとうございました!


6日目の仙台。東北3連チャン最終日疲れるどころかみなぎりまくり。ネオブラは閉店して別のお店になったそうな。
ありがとうございました!


関西ではFM802さんにもお世話になりました。恒例となったラジオライブ、これがかなり楽しい。
ありがとうございました!


7日目の和歌山、初登場。コーヒーの香りがたちこめるFavorit Trunkさんにて小さき達人ダンサーたちと激突。
ありがとうございました!


8日目の大阪。関西若手筆頭psybavaの演奏に熱くなる。そしてモカステージにはこの二人のおっさんが登場、最高でしかない。もっともっといじくり倒せば良かった。
ありがとうございました!


9日目の地元埼玉は越谷。音楽過疎が進む埼玉を盛り上げるパーティ「サイハテディスコ」。この日はモカステージにKeyco姉さんが登場。今年はお世話になりまくった。
ありがとうございました!


10日目の名古屋ではSKE48と一緒に写真を撮る。名古屋は訪れる度にドンドン熱気が増しています、すげーぜ名古屋ピーポー。
ありがとうございました!


11日目の伊那。長野はいろんな都市でそれぞれ音楽に貪欲な人達が多い音楽大国。楽し過ぎて打ち上げでテキーラやり過ぎ記憶が吹っ飛びました。
ありがとうございました!


渋谷のスクランブル交差点にて街頭演説。
ありがとうございました!


12日目の渋谷。念願のライムスター兄貴達とコラボ。感無量でした。
ありがとうございました!


ツアー前半戦最終日の福島。酸欠寸前、爆発寸前、白熱のライブにまさかのクレームでライブ中断。なまず亭ジョニーさん、本当すいませんでした!


ツアー後半戦の1日目、福岡。街はハロウィンかファンクかって盛り上がり。クンタさん、チャーリーさんと。
ありがとうございました!


後半戦2日目の熊本。ご無沙汰してごめんなさい。お客さんのパワーとんでもなかったです、燃える火の国。
今は地元熊本でラーメン屋を営むドスモッコスのケンさんにも久々に会えた。
ありがとうございました!


後半戦3日目の旭川、初陣。とにかく肉を食らった、肉しか食っていない。北海道のバンドさんはレベルが高い。そしてお客さんもとことん楽しみ方を知っている。いい音楽が身近にある街ってのはそういうものだ。
ありがとうございました!


4日目の札幌。札幌ファンクイベントチーム大集結。最北の地でもファンクが熱いことが嬉しい。1年前にモカキリ札幌初ライブを実現してくれたEFNのメンバーにも会えた。また肉を食う。
北海道ツアーを実現してくれた小西さんに多大なる感謝。
ありがとうございました!


5日目の山形。サンディニスタのやくわさんと。想像以上に寒かった山形、今まで以上に熱かったお客さん。熱過ぎるぜ最高。深夜のセッションも爆発。
ありがとうございました!


6日目の松本、初公演。リディメイツのライブ前の円陣を激写。男の中の男達リディの演奏に気持ちが高まる。
また一緒に回りたい。
ありがとうございました!


7日目の宇都宮、初クラブ。北関東魂。北関東にもソウルがある、ファンクを楽しむ人々がたくさんいる。東京には負けない。埼玉も頑張ります。
ありがとうございました!


8日目の京都。キムウリョンと京都界隈は相当やばい。アンコールではウリョンくんとサム・クックを。しみた〜。
関西はまた春に、、、ね。
ありがとうございました!


9日目の金沢、初出撃。あいにくの大雪。ダンサー、VJセッション、雪が溶けるくらいのお客さんの熱量。全部受け取りました、また来るぜ北陸よ。にしても日本海の雪は凄まじい。
ありがとうございました!


2014年のツアー最終日。12/15(月)渋谷クアトロ。2014の集大成。ファンク忘年会。
今年1年モカキリを応援していただきありがとうございました!
それではクアトロでお待ちしています!

チケット情報はこちら

ボブ

コメント
コメントする




   


マウンテン・モカ・キリマンジャロ:疾走するインストゥルメンタル・バンド。時代のマナーとカルチャーへの敬意を貫きながらも、既成に一切執着しない超攻撃型6ピース。国内外のクラブシーンから野外フェスまで、あらゆる客席をダンスフロアに変えるヘヴィ・ファンク・フォース。ソウル・ミュージックのマナーを基調とした大胆かつ緻密な楽曲アプローチは、まさに黒人音楽を全年代的に貫くファンクを体現しており、インスト・ファンクの新たなディレクションとなっている。このブログはモカキリのメンバーとスタッフが、時にはガシガシ、時にはのんびり書いています。時にはリレー形式を取り入れたり、時には書きたい人が書いたりします。twitterやfacebookも同じような感じでやっているのでチェックしてみてね。あと、waxpoetics japanのサイトでも「今日の1曲」リレーブログをやっているよ!

⇒公式ウェブサイト
⇒公式facebookページ
⇒公式twitterアカウント
⇒Waxpoetics Japanブログ

RECENT ENTRIES

CALENDER

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

ARCHIVE

COMMENTS

SEARCH