『壱弐参四伍録』リリースツアーin Fu(n)kushima!!

おはようございます。

東北にも、梅雨がやって来ているよーです。
雨が車のガラスにポツポツと当たる音を聞きながら
書いております、トランペルタのテムジンでっす。

昨日で「壱弐参四伍録」リリースツアーも終焉を迎えましたー!
最終日は福島@なまず亭!!
名前から聞くとどんなところか想像しにくいですが、
こんなところなんですよ。



ちょっと、スマホから書いてるので、写真が横になったのを直す
方法がわからず。すいません。
ブルース大好きのジョニーさんというオーナーが福島で始めたブルースバー
なんですよ。いかしたお店です。

そして、ライブはというと、、、
もう、蒸し風呂かってくらい、暑々の超満員。
そして、盛り上がり過ぎて、最後の1曲をやる前に
上のホテルからクレームが入って強制終了、という
始末、、、
また、伝説が残ってしまいました笑

もっとやりたかったのですが、お店の存続に関わって
しまうのでやむ負えなく。
でも、幸いなことにこれでまた福島に来る理由ができちゃいましたね。
こうして、ある意味最高なカタチで幕を閉じたツアーだった、
といえますね〜!

否、もう終わりなのか、否、否、これで終わりなのか?
そんなわけはないでしょう〜、まだ6月ですよ!

また、後半戦もありますよ!きっと!
なので、モカキリの情報はこまめに見てくださいね〜!

そして、今日は、、、
宮城は登米のみなさん!お待たせしました!!!



やってまいりました〜!

森波!!!!!

登米のいかした仲間が始めた自然と音楽が共存するフェス。
なんと、今年は場所を変えて「森舞台」という能が行われる
由緒正しきところで行われてます。
土足厳禁らしく、モカキリはスーツにあれ、でやります。
お楽しみに!!
そして、今回も越谷で最高のコラボができたkeycoさんが
いっしょでございます。
最高の相性ですよ〜こちらもご期待ください〜!!

それでは、会場でお会いしましょう!

ネクストブロガーは、、、

ベースのジュソさん!!!

コメント
うるさいばかやろうって言われちゃったのか。
曲名通りでウケる(笑)
  • ちはる
  • 2014/06/23 9:11 PM
コメントする




   


マウンテン・モカ・キリマンジャロ:疾走するインストゥルメンタル・バンド。時代のマナーとカルチャーへの敬意を貫きながらも、既成に一切執着しない超攻撃型6ピース。国内外のクラブシーンから野外フェスまで、あらゆる客席をダンスフロアに変えるヘヴィ・ファンク・フォース。ソウル・ミュージックのマナーを基調とした大胆かつ緻密な楽曲アプローチは、まさに黒人音楽を全年代的に貫くファンクを体現しており、インスト・ファンクの新たなディレクションとなっている。このブログはモカキリのメンバーとスタッフが、時にはガシガシ、時にはのんびり書いています。時にはリレー形式を取り入れたり、時には書きたい人が書いたりします。twitterやfacebookも同じような感じでやっているのでチェックしてみてね。あと、waxpoetics japanのサイトでも「今日の1曲」リレーブログをやっているよ!

⇒公式ウェブサイト
⇒公式facebookページ
⇒公式twitterアカウント
⇒Waxpoetics Japanブログ

RECENT ENTRIES

CALENDER

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

ARCHIVE

COMMENTS

SEARCH