BLUE GIANT

栗です。

最近ビッグコミックで連載が始まった「BLUE GIANT」っていう漫画を知っていますか?

まだ7話くらいなんですが、JAZZの漫画なんですよ。
作者は、映画にもなった「岳」を書いてた方です。

仙台の高校生がふとしたきっかけで観たJAZZの生演奏にうたれてテナーサックスを独学ではじめるんです。

この主人公の大くんがいいんですよ!
がむしゃらやるんです。

誰かに習うことからはじめるんじゃなくて、一人で土手で吹くことからはじめる。

いやー、思い出しますなー、利根川の土手。
僕の場合はじめた動機はもっと不純ですけどねえ。


とかっていってたら、この漫画の感想文を

「SAX&BRASS MAGAZINE vol.28」

から連載で書くことになったんです。

僕が文を書くなんてね。続けるといろいろありますね〜。

よかったらぜひ読んでみてください!


コメント
コメントする




   


マウンテン・モカ・キリマンジャロ:疾走するインストゥルメンタル・バンド。時代のマナーとカルチャーへの敬意を貫きながらも、既成に一切執着しない超攻撃型6ピース。国内外のクラブシーンから野外フェスまで、あらゆる客席をダンスフロアに変えるヘヴィ・ファンク・フォース。ソウル・ミュージックのマナーを基調とした大胆かつ緻密な楽曲アプローチは、まさに黒人音楽を全年代的に貫くファンクを体現しており、インスト・ファンクの新たなディレクションとなっている。このブログはモカキリのメンバーとスタッフが、時にはガシガシ、時にはのんびり書いています。時にはリレー形式を取り入れたり、時には書きたい人が書いたりします。twitterやfacebookも同じような感じでやっているのでチェックしてみてね。あと、waxpoetics japanのサイトでも「今日の1曲」リレーブログをやっているよ!

⇒公式ウェブサイト
⇒公式facebookページ
⇒公式twitterアカウント
⇒Waxpoetics Japanブログ

RECENT ENTRIES

CALENDER

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

ARCHIVE

COMMENTS

SEARCH